忍者ブログ
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

Export Package にレイヤー、タグ、インプットを含める際にやる事。

備忘録。UnityでExport Packageを作ると、アセットのデータをパッケージ化することが出来ます。しかしながら、タグ、レイヤー、インプットの情報を含める事は通常は出来ません

探してみるとこちらのサイトの方法で、アセットにタグ、レイヤー等を含める事が出来ると書いてありました。しかしながらこれを実行すると、「test.unitypackage」は出力されますが、タグとレイヤーだけしか含まれないパッケージが生成されました。

調べてみるとこちらの方法でデータ、タグ、レイヤー、インプットを含めたパッケージが出力できる事が分かりました。先ほどのサイトのコードを変えると、以下のようになります。


これを「/Assets/Editor」以下に入れて、プロジェクトのウィンドウで右クリックして「ExportWithSettings」を押せば、そのUnityプロジェクトがある場所にパッケージが出来ます。

Unitypackageをアセットストアに出すときぐらいにしか使わないと思いますが、機会があれば是非使ってみてください。

PR
2015/01/19 (Mon) Unity CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可