忍者ブログ
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/24 (Sun)

UnityのEXEファイルで「Invalid Layer Index」エラーでクラッシュする。

先日、Unityで作った実行ファイル形式を実行すると、ゲーム開始直後に次のようなエラーが出るという事がありました。昨日、友達にファイルをあげた後に発覚しました。



実行ファイルが出力したログを見ると、「Invalid Layer Index」というエラーの直後でクラッシュしていました。



海外のUnityフォーラムとか見ると、「Mecanim関係のエラーだと思うけど、なんでだろうね?わかんないね?再起動や再インストールで直るじゃね?」とか書いてありました。こちらでどれもこれもやりましたが、全くダメでした。(1日かけて色々しましたが…)

なので、とりあえず「Development Build」をして調査してみることにしました。それで気づきました。あるモデルのテクスチャが剥がれて、ピンク色で表示されている事を…

最終的な結論ですが、ピンク色になったモデルに使っていないAnimator(Mecanimのコンポーネント)がアタッチしてあり、それが原因でした。そのAnimatorを削除したら動きました。



予想ですが、Mecanimのレイヤー参照機能が暴走してメモリ破壊しているかもしれません。

「Debug」ビルドだとメモリ保護機能が働き、なんとか動くのだと思います。ところが「Release」ビルドだと、メモリ保護機能がないため、例外起こしてクラッシュしたのではないかと思います。

BlenderからFBXにエクスポートしてモデルをUnityに入れる際は、自動的にAnimatorが付加されます。同様の手段を取っている方はお気をつけて。
PR
2014/02/24 (Mon) Unity CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可