忍者ブログ
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18 (Wed)

祖母がiPadでYoutubeを見るまでの経緯

最初のきっかけは去年の8月ぐらいだった。祖母が入院する事になったのだ。入院と言っても定期的な通院のようなもので、持病の治療の経過を見る為だった。

77歳の祖母は家にいるとだいたい、ラジオを聴いていた。もうかなりの年なので、4階分の階段も登れない、外出もあんまりしない。

大抵の人間は入院すると、普段は見ていないのに関わらず、暇だからという理由でテレビを見始める。うちの祖母もそんな感じでテレビを見ていた。

だけれども病院のテレビは無駄に高い。映りが綺麗でもないブラウン管に表示された画面を見るとに、24時間/1000円とか平気でかかる。私の母はそんな状況で、SIMが入ってない(=インターネットが出来ない)スマートフォンを祖母に持たせた。ワンセグが見れるからである。

私はそもそも祖母にスマートフォンなど使えるわけないと思っていた。77歳、老眼で3.5インチの画面を見るのは無理だと思っていたからだ。母はスマートフォンにワンセグ、歩数計、サメガメと老人向けUIにするアプリを入れ、祖母に渡した。

結果として、祖母はソコソコ使ったようだった。ただ予測通り、3.5インチの画面のワンセグを長時間使うのはつらい、歩数計は時々歩数をカウントしなくなるとのことだった。間もなく祖母は退院した。


祖母がデジタル製品に興味がある事に私と母は驚いた。そこで今度は、家に余っていたタブレット端末をあげる事にした。タブレットを選んだのは、老眼という問題を解決するためである。やはり大きな画面が必要だという結論になったのだ。

最初はNexus7(2012)を祖母にあげた。ソフトウェアは歩数計やゲーム5種を入れて、使い方の説明まで行った。けれど次に祖父母の家を訪ねた時に、Nexus7は埃をかぶっていた。

理由を聞くと、「ミスタップの多さ」と「操作が複雑」だったようだ。特に操作中に下に並ぶボタン群を誤タッチして、違う画面に遷移する事が多かったようだ。当然苦手意識が芽生えてしまったようだった。

Nexus7は家に持って帰り、どうしようか考えてうちに閃いた。それまで私はiPad3を使っていた。このiPadを祖母にあげてしまえば良いのだと。

iPadは画面がでかいし、物理的なホームボタンが付いているから間違って画面を戻すということは少なくなるだろう。そんな考えだった。

そして一週間後、祖母にiPadを渡した。この後2か月の内容は、LT駆動開発でも話した通り。祖母はiPadを使いこなすようになった。


祖母は当初想定していた、ゲームで遊ぶことに留まらなかった。しかも、一番メインで使っている機能は写真撮影だった。正直iPadは重く、写真を撮るには…と思っていた。

しかし祖母は前々から写真撮影を趣味にしたいと考えていたようだった。しかし既存のコンデジの液晶画面は小さいし、諦めていたそうだ。そこにマッチしたのがiPadだった。

あとiPad標準のメモ帳を日記代わりに利用していた。本人曰く音声認識は使いにくい、ということで「あいうえおキーボード」を使って、毎日のよしなしごとを書いている。

ここからが後日談、その後祖母は外出する時には必ずiPadを持っていき、花の写真を撮ったり、近所のご老人に写真を見せてるそうだ。

そのご老人方からは、「それいくらするの?」「私も欲しい」「誰からもらったの」という話をする事があるそうだ。特に最後の質問には「孫が稼ぐようになって買ってくれた」と応答してるそう、少し恥ずかしい(私のおさがりだし)。

そして1か月後、祖母は外で外出する用にスマートフォンが欲しいと言い始めた。母は最初あげたスマートフォンに、DocomoのMVNOのSimとIP電話アプリを入れて渡した。同時に母はYoutubeの使い方を教え、人気歌手の動画の見方を教えた。

さらに日にちが経って、祖母にスマートフォンの調子を聞いてみると、Youtube専用機としか使ってないという事だった。

それならモバイルWi-Fiルータを買って、iPadからYoutubeを見れるようにすれば良いじゃん。という事ですぐにネットで購入して、セットアップまで行った。

そんなこんなで、祖母はiPadでYouTubeを見るまでになった。日記も音楽もNHKラジオもゲームも写真も。全てiPadで行うようになったのだ。

数年前の「使いにくいパソコンを使わざる負えない状態」からこんなに変わるなんて想像できなかった。つくづく凄い時代に生まれたものだなぁ、と感じている。
PR
2015/03/24 (Tue) 雑談 CM(1)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
無題
ハイカラなおばーちゃんですなぁ。そこまで使いこなすなら痴呆の心配はしなくて良さそうですね。

僕の爺さんはパソコンでワードソフトとプリンターの使い方を教えたら「これから毎日練習する!」とか言ってましたが、それから2週間たったら「筆ペンとプリントゴッコの方が早い」と言ってました。
何が言いたいかというと、堅物なウチの爺さんには古いものがお似合いってことです(笑
F19 2015/03/24(Tue)19:49:01 edit
Re:無題
そうですね、年取ると痴呆が心配なのでiPadを活用してくれて嬉しいです。花の写真を撮るために、外出する機会も増えたみたいです。

うちの爺ちゃんもそんな感じですね。というよりテレビ以外に興味がないというか…

目的があっても、新しい事を覚えるコストを考えたら、今まで通りの方が良いという考えですね。合理的だと思いますよ、デジタル機器の操作を覚えるの大変ですからね…
2015/03/26 21:48