忍者ブログ
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/24 (Sun)

年度末進行で

こんにちは。久しぶりの雑談です。

最近、ゲーム制作の方が進んでいません。色んな事が年度末・年始進行で手が付かない感じです。こんなに忙しくなると思っていませんでした。ははっ。

そして、もう少ししたら学校が始まります。4年生になるので、今後は卒業研究の事もブログに載せていきます。

さて、私事ですが最近Oculus Rift DK2を買いました。お値段は35000円(送料入れると5万円)



Oculus Riftというのは最近出て来た、「ゲーム向けヘッドマウントディスプレイ」です。上の動画で頭にかぶっている装置の事です。

これまでのヘッドマウントは、あくまで「映画を見るため」にフォーカスしていました。しかしこれは、傾きセンサーや位置センサーが組み込まれており、ゲームをやるためにとても相性が良いのです。

昔、「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」という映画がありました。コナン君たちが「19世紀のイギリス」を舞台とした仮想ゲームの世界に迷い込み、クリアしなければ現実のコナン達も死ぬという映画です。

当時、私は10歳で「こんな世界は来ねえよ」と思ってました。でも技術の進化で Rift のような「没入型コンピュータシステム」が生まれ始めました。

また、ウェアブルコンピュータのような「身に着けるコンピュータ」が今年から普及してくるようです。

このような、身の回りのコンピュータ化でどんな世界に近づくのか。と想像すると、それは「攻殻機動隊」であり、「マトリックス」であり、「アイロボット」であり、「ターミネーター」だと思うのです。

ですが、その世界にたどり着くにはまだまだ時間がかかると思います。当面は「センシングがより高度」になるのだと思います。例えばKinectやスマートフォンは様々なセンサーの塊です。指紋や血圧計とか、最近Googleが3Dセンサーをスマホに組み込んだのが話題になりました。

そういった過程で、マトリックスのような「コンピュータは人間の一部」になるのではないかと思います。実際に人間は携帯電話によって、「テレパシー(=遠くの人とメッセージを交信する)」ことを可能にしました。

そんな中、Rift はすごく次世代に近いハードだと思います。私も面白いアプリケーションを作りたいと思います。
PR
2014/03/30 (Sun) 雑談 CM(1)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
無題
技術の進歩、バカにできない速度で進んでいますよね。映画館でコナン見ながら、「あんなのがあったらいいのになぁ」と考えていたのを思い出しました。
それにしてもOculus Riftはなかなか面白そうなアイテムですね。レースゲームとかフライトシミュレーターとかやったら臨場感がすごそう。
F19 2014/03/30(Sun)23:51:31 edit
Re:無題
たしかに技術の進歩はすごいですよね。それにその方向性が変わってきている感じです。これまでの20年くらいは「ある汎用技術をより高速に、小さく」傾向にあったのが、ここ2年くらいで「汎用技術を特化させて別の技術を作る」ようになってきましたね。「ベイカー街」は夢ありましたよね。そういえばあれの悪役の上の名前は…

BF4でも使えるようなので届いたら持っていきますね(7月到着予定です)。最終的には Oculus Rift でカーシミュレータ(教習場にあるやつ)作りたいんですけどね。安価で臨場感あれば、一般に受けると思うので。
2014/03/31 09:58