忍者ブログ
2017.06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

WebTouchMeeting #70 に参加してきた

8月2日(土)に広島のWeb勉強会、WebTouchMeeting #70 に参加してきました。今気づきましたが、もう2週間経ってるじゃないですか…

WebTouchMeeting というのは、幅広いWeb技術の中から「触り(=Touch)部分」を勉強しようという会です。今回は Lineスタンプ と Concrete5 というCMSの話でした。それではどうぞご覧ください。


『LINEスタンプを登録してわかった7つのこと』ワンネットの乗越さん

イラストレータに描いて欲しい絵を依頼できるサイトを運営されてる乗越さん。これまで、N○Kのニュース番組今年有名になったあの議員さん(ヒント : ダレニートウヒョウシタッテー)のアイコンを手掛けたそうです。

今回は今年から解禁された、Lineクリエイターズマーケットのスタンプ販売のお話とその現状についての話でした。

まずスタンプの販売ですが、これまで "企業" で "何千万払わない" とLineのスタンプを作る事は出来ませんでした。これが今年から、誰でも0円で作る事が出来るようになりました。

Lineスタンプの審査ですが、ものすごく時間がかかるそうです。そのくせ目茶苦茶厳しい。

その一例として、とにかく「何かのロゴに見える画像」はすべて却下されるようです。

例えば、「緑の四角」を描くと「Lineのロゴに似てるから却下」。「救急箱に赤い十字」を描くと「日本赤十字社のマークに似てるから却下」となるそうです。厳しすぎだろ…

そして、例え審査に通っても、鳴かず飛ばずで売れなかったりするものが多いようです。なので兎に角、ユーザが欲しそうなスタンプを作る事が大切。成功した人では500万稼いだ人もいるようです。

また、国によっても趣味嗜好が大きく変わるそうです。例えば日本では「ップで」なスタンプが受けるようですが、ロシアでは「少女漫画チック」なスタンプが受けるそう。ロシア先に行きすぎだろ…

というわけで、Lineにはゴールドマインがあるそうです。私はLineはあまり使わないのですが、こういう裏話を聞くのは楽しいですね。



『広島でCMS『concrete5』を勉強しよう!』神守さん

concrete5 の説明は3つ目の内容を見てください。神守さんは今度、concrete5 の勉強会を広島で開く事にしたそうです。くわしくはこちら

また、オープンソースカンファレンス広島2014にも参加されるそうです。もし中国地方で concrete 5 を学ぶなら、是非参加してみてください。

またオープンソースカンファレンス広島2014 には、私が主催する広島Unity勉強会も参加します。お越しの際はぜひうちにもーー!!



『concrete5で仕事を楽にしよう!』コンクリートファイブジャパンの佐々木さん

concrete5はCMSです。CMSというのは、ブログとか商用サイトを作る時に使う管理ツールの事です(WordPress、Drupal、ホームページビルダー等)。

concrete5 はMITライセンスで配布されている、オープンソースのソフトで、自由に改変する事ができます。

このMITライセンスというのは「再配布OK。だけどこれに関わった人の名前全員書いておいてね。あと無保証だから。」という緩いライセンスです。もちろんMITというのは、アメリカの有名大学「マサチューセッツ工科大学」の事です。

concrete5 は他のCMSと異なる、3つの大きな特徴があります。

まず、マウスを使って直観的なレイアウトが出来る事です。これは70歳の利用者から「concrete5 がなくなったら、わしぁホームページなんぞ作れん」と言わせるほど。てか、昨今の爺ちゃんすげぇ。

細かい設定ができるのも特徴です。またカスタマイズ性が高く、要求によっては更に細かく設定する事ができます。

最後に、ワークフローが整っている事が大きな特徴です。システムの中に「担当者」の考えがあります。

つまり、例えばですが「『開発者』はページを作れる(ただしアップロードできない)」、「『責任者』はページのアップだけ出来る(ページは作れない)」というのを concrete5 では設定できるそうです。

これによって、「『開発者』がページを作る」->「『責任者』がページをアップする」という流れを作る事ができます。お互い余計な事をすんな!という状況を防げます。

非常に中庸なCMSですので、もし良ければ使ってみてはいかがでしょうか?無料ですしね。



今回も面白い話が沢山聞けました。Lineスタンプは未知の領域ですし、Concrete5は面白そうなCMSだと思いました。

余談ですが、この話を聞いたバイトの後輩君が「うちのシステム、Concrete5 にしませんか!」と言ってきてくれました。WordPress といった大御所だけでなく、色々なCMSを見てどれを導入するか決めたいです。

なお、WebTouchMeeting #71は9月にやるそうです。お時間があれば是非お越しください。
PR
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可