忍者ブログ
2017.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

講習会・セミナー

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

福島ゲームジャム2016 in 広島を開催&プログラマとして参加しました。

お久しぶりです。kamera25です。福島ゲームジャム in 広島サテライトの開催模様を、広島Unity勉強会サイトで書きました、こちらからどうぞ。

さてこちらのブログでは個人的な反省点を書いていきます。

とにかく参加者個人としては楽しかったけど、運営者としては周りの人を巻き込めなかったと痛感しました。

そうなってしまった一つの理由に、「ゲームジャムの敷居の高さ」があると思います。例えば30時間で徹夜を強いるところですね。あとは「どのくらいのゲーム技術が必要か」を上手く伝えられてない。参加する前に怖気づいてしまいます。

岡山では毎月勉強会を実施することで参加者に理解させ、そういう敷居を下げてます。対して広島ではそういったことが出来ていませんね。

また広Uniは専門学校への生徒や大学生へのアプローチが足りていないと感じました。途中Hiroshima Student Comunityさんという大学間連携のメーリングリストで宣伝メール送りましたが、そこからの流入はゼロでした。

コミュニティの参加って敷居高いですし、何やっているか分からない団体だとなおさらですよね。もっと活動内容を変えていかないとなぁ。

とりあえず課題が見つかっただけでも、福島ゲームジャムを開催して良かったです。趣味ですし、緩く考えて楽しくやっていきます。

PR

【IT勉強会】LT駆動開発#25に参加してきました。

お久しぶりです、見事に5月病にかかったkamera25です。ゴールデンウイークも終わってしまって、もうやる気出ません!

さて本題ですが今回は LT駆動開発#25 に参加してきました。LT駆動開発というのは「自分から発表することで自分の学習を促そう!」という趣旨の広島のIT勉強会です。

そんなLT駆動ですが、今年入ってから初めての参加でした。ものジムさんでのUnity講習や仕事が多忙で参加できていない状態が続いてたためです。

セッションのスライドについては LT駆動のGitHubWiki に載ってます。ぜひこちらも見てくださいね。



発表の感想について

Haskellで並行プログラミングの練習 ひむらさん

Go言語で書かれた並列プログラミングをHaskellで書くとどうなるか、という事を発表されました。

CPUがドンドン早くなるという ムーアの法則 がありますが、Intelが先日「もうこれ以上は無理!」と根を上げてしまいました。これからはプログラミング側で少ないリソースをやりくりする必要があります。

そこで必要なのが複数のCPUコアに適切に命令を投げる、並列プログラミングなのです。自分はHaskellは使いませんが、C#は使うことが多いので勉強しておきたいです。


Webで電卓 mrtcさん

タイトルから「Webで電卓を作ったのかな?」と思わせます。そうでなくWebアプリの脆弱性を使ってWindowsの電卓を起動させるには、という話です。さすがセキュリティ勢。

電卓が起動できるという事は、同じような手法でウィルスも起動できるという事です。

CMIやRFDなど攻撃の方法はさまざまあるそうです。気を付けないといけませんね。


資格の話 tktさん

IT系の資格は様々あります。CCNA、LPIC、基本情報などどんな資格があるのかまとめた内容になってます。

最終的に各社の資格支援制度について話し合いました。また白熱し、現状の会社の支援体制の問題についても話し合いがされました。


その他、多種多用な発表がありました。



自分の発表について


今回はスライドを2個発表しました。最初のスライドはタイトルでわかると思いますがネタスライドです。携帯電話を新しく買って、その際にSimを手で切ったというお話です。

携帯ショップに行けば良かったのですが、時間もかかるしお金も結構かかるんですよね…ちなみにDocomoだと2,160円かかるそうですね。

結論でも言いましたがこの作業はスリルに満ち溢れてるので、携帯ショップに交換してもらった方が良いです。自分が次やるならそうします(笑)



2枚目は技術スライドでWeb IDEの Cloud9 を使ってみたという話です。

Webアプリを作ろうとすると、やれVMだやれLinuxだやれRakeだ…と色々手間が必要です。またAtomやSublimeといったエディタを入れるまでの作業でもないな…という事はあると思います。

Cloud9はそういった用途にぴったりです。アカウントを作成し、ワンクリックで開発環境を構築してくれます。主目的の開発だけに集中できます。

私のように本職がプログラマーでない方にもお勧めします。軽く、時々書きたいという人にピッタリだと思います。お手持ちのPCに色々インストールする必要もありませんし。



LT駆動開発 はゆるい勉強会なので初心者でも気軽に参加できると思います。毎週第1土曜日に行われるので、広島近郊の方は参加してみてはいかがでしょうか?

また似たような「誰でも発表できる勉強会」として、5月22日に如法会が開催されます。こちらも
お時間があればどうぞ。

オープンソースカンファレンス2015広島に参加 & 発表してきた。

毎年秋に開かれている、オープンソースカンファレンス2015広島に参加してきました。

オープンソースカンファレンスというのは、「プログラムの設計書であるソースコードを公開」している「オープンソース」に関わっている人が集まり、展示やセミナーをするイベントです。東京や京都、福岡など全国で行われています。

私が参加するのは今年で3回目になります(去年の記事一昨年の記事)。今回は自分が主催する、 広島Unity勉強会 の展示、セミナーまでやってきました。


広島Unity勉強会展示内容は8月にリリースされたばかりのLinux-64bit版のUnity上で、ユニティちゃんが踊る Unitychan-crs をノートパソコンで動かすというもの。ぶっちゃけUnityはオープンソースでないので、辛うじて漂うオープンソース感を出すのに必死でした(汗

20名くらいの人と会話し、Unityを触ったことのない人に色々説明しました。中にはソースコード書かなくてもここまでできるんですよ、と教えると質問攻めにしてきた人も。

また会場に昔のバイト先の先輩や同期が来てくれました。オープンソースカンファレンスって同窓会的な一面もあるので良いですね。



13時からは「【OSC広島 特別企画】パネルディスカッション『IT企業で働くということ』」というセッションで発表してきました。

内容は会社から「あんまり言わんで」と口止めされているので避けますが、学生さんが「IT業界って色々ある」、「人との繋がりが仕事を引き寄せる」という事を理解してほしいな。と思って発表しました。




14時からは 広島Unity勉強会のセミナーがあり、「ユニティちゃんだけじゃない! オープンソースとUnityの未来」というテーマで話させて頂きました。


最初これをやると決めたとき、「あんまり人が来なさそうだなぁ」と思ってました。Unityってオープンソースじゃないし、OSCでも異色な感じでしたから。

と思ってたらほぼ全ての席が埋まり、立ち見の人も出る事態に。約30人の方に聞いて頂きました。本当にありがたいです。
内容としては Unity はオープンソースのおかげで成り立っています、という感じ。Unity本社も色々オープンソースを使って開発したり、協力したりしてますし、アセットストアにしてもオープンソースで配られているものが多々あります。

ただ悔やまれるのが、作成時に最後のところが時間がなくて(スケジュールが狂ったり)中途半端になってしまいました。またOSC公式で載せている「対象者 : Unityで楽して開発したい人」を ガン無視して 内容を作ってしまいました。キタイシテタヒトゴメンナサイ



夜の懇親会にも参加してきました。席は大学時代のバイト先輩@CentBossさんと、大学の後輩 @mrtc0くん、佐々木先生広島工業大学の松本先生でした。圧倒的広工大。

パセーラの野の葡萄というお店でバイキング方式でした。食べ物もおいしく、とりわけアイスを4皿食べました。おかげで腹を壊しました。

終始、広島盛り上げたいなぁ、という話で盛り上がりました。松本先生と新しいゲーム企画の話をしたり、@CentBoss先輩がどんな事を仕事でしたいか、@mrtc0くんとセキュリティ界隈を盛り上げるには?というお話をしました。

入れ替わり立ち代わりで 広島市立大学の学生さん と話したり、オープンソースな人たちの話を聞いたりしました。広島の大学の人やITの人を巻き込んで、広島を面白い所にしていきたいです。



オープンソースカンファレンス は気軽に来れて、物ももらえて、面白いのでお勧めです。近くで開催されたら是非行ってみてくださいね。

福島GameJum 2015 in 岡山 に参加して、ゲームを作ってきた

こんにちは。すっかり社畜として成長中のkamera25です。

さて8月22日(土)、8月23日(日)の二日間で 福島GameJum 2015 in 岡山 に参加してきました。GameJum(ゲームジャム)とはチームで集まって超短期間でゲームを作ろうというイベントです。



福島ゲームジャムは東日本大震災で被災した地域をゲーム産業で復興させるという趣旨のもと、ゲームをみんなで作る会を開いています。全世界にサテライト拠点(福島じゃなくても参加できる会場)を作り、日本各地だけでなくアメリカや台湾でも同時開催されています。

岡山はそのサテライト拠点の一つなのですが、実は今回中国地方初のゲームジャムがこのイベントでした。歴史的(?)なイベントという事で参加をしてきました。

8月22日がやってきました。前日の仕事が大変で、起床して最初の一声が 「やすみてぇ…」
と本音が出てしまいました。

広島から新幹線に乗り込み、岡山まで40分。会場は岡山駅前の岡山情報ビジネス学院で会場までの行き来は1時間ほどでした。ちなみに会社に行く方が時間かかることに気づいた。


会場に到着しエントリを済ませ、ノベルティをいただきました。ちなみにUnity社からはユニティちゃんクッションを頂いたのですが、「ゲームジャム中に疲れたら使ってね(は~と」という意味だったのだろうか…(Jumの闇は深い

 
上 : ユニティちゃんクッション
真ん中 : 福島ゲームジャムTシャツ (着るのが少し恥ずかしいです!)
右下 : ユニティちゃん制作秘話本
左下 : KiOハンカチ

さてチームに分かれてゲーム作成開始。自分のチームは6人チームでした。学生さんが3人、社会人が3人のチームでした。

まずはアイデアシートというのを書いて「どんなゲームを作ろうか?」というアイデアを練っていきます。その中から各自、1枚作りたいゲームの大枠を考えていきます。



各自が考えたゲームは皆で見せ合いっこして、どのゲームを作るか投票で決めます。うれしい事に自分が考えたアイデアが一番多く投票され、作ることになりました!

ゲームのジャンルはオーソドックスなアクションゲームで、ストーリーとしては「桃太郎が忍者になって、鬼を退治しに行く。」という設定にしました。ちなみに岡山県は桃太郎発祥の地らしいです。

設計を考えたら次は制作分担を決めていきます。最終的にはプログラマー3人(自分を含む)、グラフィッカー3人で作ることになりました。そしたらプログラマー同士で集まって、どこのプログラムを書くか役割分担をするか決めていきます。

メインプログラマー兼ディレクターのいちかわさんはゲームメイン処理、ittzanさんはゲームのスクロール関係の処理、自分はメニュー関連の処理を書くことになりました。



それを決めてたらあっという間に17時。岡山会場は他の会場とは異なり、一旦会場撤収がありました。また明日9時開発スタート…

ではないのです。

開発は家に帰ってからもやらなければなりません (そうしないと完成しないし)。私は夕食を済ませた後、岡山Unity勉強会の主催者のねやのさん 方と一緒に岡山ギークハウスにお邪魔しました。ここが 夜の福島ゲームジャム in 岡山のメイン会場になります。


ギークハウスはギーク(おたく)な人が集まる、シェアハウスです。初めて岡山ギークハウスにお邪魔しましたが、なんだか懐かしい感じの佇まいで曽祖父の家に来たような感じでした。そんな気分に漬かる間も無く、パソコンを広げ、開発再開。時刻は19時。


黙々と、私はメニューを作っていっていました。作業中に他のプログラマの方からヘルプが飛んで来てそれに答えたり、出来たデータを送り合ったりしました。

幸運なことにプログラマ全員が GitHub を使えたので、共同作業のほぼすべてが GitHub で完結しました。イシューに問題を書いたり、マージ依頼したりするのにメールとか使いませんでした。

そういえばこのゲームジャム裏で、24時間テレビをやっていたそうですがこっちは30時間ゲーム作ってんだよ!っと。Twitterのタイムラインで盛り上がってたのがうらやましかったです。

そんなこんなで夜中の12時になりましたので、作業を中断してホテルに帰りました。悲しいことに月曜日に有給取れなかったんで、体力は温存しとかないとね…



23日(日)の朝。起きて第一声が「疲れた…」で、40分ほどベッドで硬直していました。コンビニで朝ごはんを済ませて、会場でプログラムを書き始めました。

さて福島ゲームジャムでは11時頃から動くゲームを一般の人に展示をする必要があります。ですが9時時点で、ゲームが動かない状態、なので迅速に素材やプログラムの結合をしていかないと間に合わない状態でした。ただ急げば急ぐほど。

バグ
バグ
バグ

の嵐で上手くいかない。自分のプログラマーとしての未熟さを感じつつ、コードを書いていきました。途中他のプログラマーの方に迷惑をかけつつ、何とか動いたバージョンをリリースできたのが12時でした。

それからも開発終了の17時まで全力疾走。昼ごはんを食べるのも忘れて、コードを書き、テストを続けます。



途中会場のネット回線が遅くなり、GitHubにPushが出来なくなったりして開発が止まって、USBメモリでGitデータを共有したり。Unityがエラーで落ちたり。Animatorの制御で悩んだり。

なんとかゲームが完成したのが16時半でした。入れられなかった素材やバグなども多々あり、自分の技量不足を感じました。






ゲーム完成後、閉会式会場を移動しました。会場は KLab 岡山事業所 で、KLabさんといえばラブライブ とか ブリーチ のスマホゲームを作ってる企業さんです。

閉会式では作ったゲームをUstreamで全世界発表しました、中には「こんなアイデアがあったか…」と思ったり、「やってみたい!」というものも沢山ありました。

その後、全員でゲームを遊びました。会場には笑顔があふれていました。昨日まで影も形もなかったものが、そこに存在しているという喜びを感じ取れました。約30人のゲームクリエイターの激闘が終了した瞬間でもありました。






というわけで何とか完成した、私たちのゲーム「忍ジャンプ モモンジャ」を是非遊んでみてください!


9月7日追記 : Android版をリリースしました。
Get it on Google Play



というわけで福島ゲームジャム終了しました。楽しかったのはもちろんですが、課題も沢山見つかりました。自分の技量不足は特に目立ちました。

まず計画立ても下手で、手が空いてしまった人に仕事を振れなかったり、同じ仕事を振ってしまうという事もありました。

またプログラマーは全員GitHubが使えたので進捗が見えましたが、グラフィッカーはどんな仕事をしているのか把握できていませんでした。仕事でも「見える化」が大切ですが、ゲームジャムでもそれは同じなのかなぁと思いました。

あとゲームのベース(素材・プログラム)は良くても、時間不足でゲーム戦略性やバランスを上手く調節できなかった所がありました。「作って終わり」でなく、それ以降も調節していくことが大切だと感じました。

総評すると色々悔やまれる所もありました。次に活かしていきたいと思います。

また岡山では継続的にゲームジャムを開催していくようです。私も今後も、体力と金があれば参加して行くつもりです。

ゲームジャムは本当に楽しいお祭りです。技術がなくても大丈夫です。是非参加してみてくださいね。

岡山Unityゆるもくアセット勉強会でスタッフしてきた。

こんにちは。すっかり社畜になりブログの更新頻度が落ちまくってます、色々やりたい事もあるんですけどね。

さて6月27日(土)に岡山県に行って来て、岡山Unity勉強会が主催する Unityゆるもくアセット勉強会 に参加してきました。

広島Unity勉強会でも何度か取り上げていますが、岡山Unity勉強会主催者の ねやのさん と交友があり、その縁で今回ご招待されました。

なんといっても今回の目玉は、東京のユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unityの日本法人)から常名さんがいらっしゃって、Unityの勉強会をされるとの事。一人のUnityユーザとして胸が高まらないわけがありません。

会場は岡山情報ビジネス学院で行われました。岡山駅前にあって徒歩2分ほどで着きました、凄く良い立地です…


ちなみに手前の銅像には「青春感謝」って書いてありました。今回の勉強会は岡山情報ビジネス学院のゲーム学科の学生さんも参加されていました。学生のうちにしか出来ない事って沢山あるので、是非色々やって欲しいですね。

そんなこんなで開場しました。最初のうちは「本当に40人来るのかなぁ?」と半信半疑だった運営メンバーと常名さんですが、蓋を開けば約45名の参加者さん。多くの方が球ころがしゲームを一から作り、和気藹々と作成してました。



ちなみに自分は ねやのさん とアセットを弄るつもりでした。ただ学生さんの質問受付係をやってる時間の方が長かったです。学生時代のアルバイトを思い出しました…

あと個人的に、バシバシと操作方法を教えて、常名さんから「先生!」と言われたのが嬉しかったです。

イベント終了後も熱心な学生さんは「これをどうやって拡張しよう?」「これはどうすれば良いですか?」と、常名さんや私たちスタッフに聞く方もいました。

自分がゲーム制作を始めてやった時を思い出し、なんか初々しい気持ちになりましたよ。



さて宣伝ですが、今年の8月22日(土)と8月23日(日)に福島ゲームジャムというイベントが岡山市で開催される事になりました。なんと中四国発のゲームジャムです!

ゲームジャムというのは、集まった人達で4人ほどのチームを作り、短時間でゲームを作るイベントです。私も参加しますので、良ければ参加してみてくださいね。