忍者ブログ
2017.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
kamera25
職業:
電気工事
趣味:
ゲーム制作

一言

仕事で失敗し、丸坊主になった人のイラストです。 (プロフィール画像変わりました。)

フリーエリア



カテゴリー

最新CM

[10/03 ora exacta]
[09/22 F19]
[03/24 F19]
[01/29 森下 拓]
[11/14 F19]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12 (Tue)

CoderDojo広島 でメンター(先生)をやることになりました

どうも、kamera25(@csc_kamera25)です。今年ももう6月ですし、あっという間に2016年も半分経ってしまいましたね。

あと更新少なくなってるんじゃんと思うかもしれませんが、最近はブログでなくこっちを更新してることが多いのでチェックして頂けると幸いです。

さてさて私事ですが、CoderDojo Hiroshima でメンターという役割をやることになりました。CoderDojo は「ボランティアを募って、子どもたちにプログラミングを教えよう!」というイベントです。最初はアイルランドで始まり、今では全世界に活動が広がっています。

広島でもその活動が誕生し、6月26日に袋町で開催されます。プログラミングを全くやったことがない子はMinecraft(Hour of Code)でプログラミングの初歩の書き方を学び、その後実際にゲームを超簡単に作れるビジュアルプログラミング環境のScratchをやらせます。

メンターになったのは、CoderDojo Hiroshimaの主催者さんと知り合いで、是非やってみませんか?とお誘いを受けたのがキッカケです。


さてここからは自分の感想。

プログラミングを学ぶことは、問題解決手段の一つを学ぶという事です。

これは紙とペンの使い方を学ぶのと同じ事で、人は多くの問題(小学校のテストから会社の書類まで)を紙とペンで解決します。そしてこれからの時代はコンピュータを上手く使うことで、より大きな問題を解決する手段になっていきます。

またよく言われることですが、CoderDojoとプログラミングの塾は敵対関係ではないです(と思います)。

広島にもプログラミングの塾が出来始めましたが、入塾するには結構高額なお金が必要です。確かにそういったところもビジネスの面で必要ですが、低額で気軽に参加できるところも必要です。

むしろCoderDojoをプログラミングの入り口にして、継続的にやりたければプログラミングの塾に入ってもらえる仕組みになれば共存できます。

広島にお住まいな方で、お子さんがプログラミングに興味を持ってる場合にもお勧めです。CoderDojoのメンター(先生)は子持ちの方が多いので、意見の共有もできますし、細かい事でも親身になって考えてくれるでしょう。

そういえば小学3年生のころ、近くの公民館で工作教室に通ってたことを思い出しました。ど田舎なのでそれくらいしか興味のある習い事がなかったのです。まぁ、滅茶苦茶怖い先生で手先も器用でなかったので1年で止めてしまいましたが。

今はこんな田舎でも選択肢が沢山ある良い時代です。もう少し遅く生まれたかったなぁ。
PR
2016/06/02 (Thu) 雑談 CM(0)

【IT勉強会】LT駆動開発#25に参加してきました。

お久しぶりです、見事に5月病にかかったkamera25です。ゴールデンウイークも終わってしまって、もうやる気出ません!

さて本題ですが今回は LT駆動開発#25 に参加してきました。LT駆動開発というのは「自分から発表することで自分の学習を促そう!」という趣旨の広島のIT勉強会です。

そんなLT駆動ですが、今年入ってから初めての参加でした。ものジムさんでのUnity講習や仕事が多忙で参加できていない状態が続いてたためです。

セッションのスライドについては LT駆動のGitHubWiki に載ってます。ぜひこちらも見てくださいね。



発表の感想について

Haskellで並行プログラミングの練習 ひむらさん

Go言語で書かれた並列プログラミングをHaskellで書くとどうなるか、という事を発表されました。

CPUがドンドン早くなるという ムーアの法則 がありますが、Intelが先日「もうこれ以上は無理!」と根を上げてしまいました。これからはプログラミング側で少ないリソースをやりくりする必要があります。

そこで必要なのが複数のCPUコアに適切に命令を投げる、並列プログラミングなのです。自分はHaskellは使いませんが、C#は使うことが多いので勉強しておきたいです。


Webで電卓 mrtcさん

タイトルから「Webで電卓を作ったのかな?」と思わせます。そうでなくWebアプリの脆弱性を使ってWindowsの電卓を起動させるには、という話です。さすがセキュリティ勢。

電卓が起動できるという事は、同じような手法でウィルスも起動できるという事です。

CMIやRFDなど攻撃の方法はさまざまあるそうです。気を付けないといけませんね。


資格の話 tktさん

IT系の資格は様々あります。CCNA、LPIC、基本情報などどんな資格があるのかまとめた内容になってます。

最終的に各社の資格支援制度について話し合いました。また白熱し、現状の会社の支援体制の問題についても話し合いがされました。


その他、多種多用な発表がありました。



自分の発表について


今回はスライドを2個発表しました。最初のスライドはタイトルでわかると思いますがネタスライドです。携帯電話を新しく買って、その際にSimを手で切ったというお話です。

携帯ショップに行けば良かったのですが、時間もかかるしお金も結構かかるんですよね…ちなみにDocomoだと2,160円かかるそうですね。

結論でも言いましたがこの作業はスリルに満ち溢れてるので、携帯ショップに交換してもらった方が良いです。自分が次やるならそうします(笑)



2枚目は技術スライドでWeb IDEの Cloud9 を使ってみたという話です。

Webアプリを作ろうとすると、やれVMだやれLinuxだやれRakeだ…と色々手間が必要です。またAtomやSublimeといったエディタを入れるまでの作業でもないな…という事はあると思います。

Cloud9はそういった用途にぴったりです。アカウントを作成し、ワンクリックで開発環境を構築してくれます。主目的の開発だけに集中できます。

私のように本職がプログラマーでない方にもお勧めします。軽く、時々書きたいという人にピッタリだと思います。お手持ちのPCに色々インストールする必要もありませんし。



LT駆動開発 はゆるい勉強会なので初心者でも気軽に参加できると思います。毎週第1土曜日に行われるので、広島近郊の方は参加してみてはいかがでしょうか?

また似たような「誰でも発表できる勉強会」として、5月22日に如法会が開催されます。こちらも
お時間があればどうぞ。

落ち込んだりするけど、私は元気です。

お久しぶりです。今年の1月から3月まで凄く忙しくてブログ更新できてませんでした。

土曜日は広島ものづくりジムでUnity教えたりゲームジャムのゲームをイベント展示したり
先輩が結婚したり、部署が変わったり毎日充実した日々を送っていました。

最近また時間が空いてきたので、ちょくちょく更新していきます。細かいことはTwitterにでも
つぶやきますのでフォローして頂けると幸いです。

でわ~
2016/04/09 (Sat) 雑談 CM(0)

Splatoonの空耳歌詞翻訳シリーズ「イマ・ヌラネバー!」



久々のSplatoon空耳翻訳シリーズ。シオカラ節マリタイムメモリーに引き続いて第三弾です。 PALogyさんの奴の歌詞です。


Trust me messy's the way to solve it
(よごれをどうかする、信じて)
Must be pushy, just know the motion,
(強引にいこう、体はもう知っている)
must speak for yourself now the shorty,
(今少し、君に語らなければ)
solve it, solve it,
(ヌラネバ、ヌラネバ)

Watch out on your up
(上を気を付けて)
Watch out on your left
(左を気を付けて)
Look check on your right
(右を確認して)
Solve it, solve it
(ヌラネバ、ヌラネバ)

LaaaaLaLaLaLaLaaaa x2
(らーーーーらららっららーーー)

Trust me, push it, your time to solve it,
(信じて、押し込んで、時間いっぱいヌッテ)
don't be squishy just stop the motion,
(ベチャベチャでも止まらないで)
I think of you as none can stop me
(止まっている時間なんてないんだから)

Solve it solve it solve iiit noooooooooow
(ヌラネバ、ヌラネバ、イマ・ヌラネバー!)
2016/01/06 (Wed) 雑談 CM(0)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます、kamera25です。
昨年中は本ブログを閲覧してくださり、ありがとうございました。

ゲーム制作系については 広島Unity勉強会の抱負 でも書きましたが、昨年は色々飛躍の年になりました。Unityの大きな勉強会を開くことができ、岡山の方とイベントを開いたり、また広島大学の学生さんが開催したゲームジャムに参加しました。

特にゲームジャムについては、2014年まで中四国で開催されたことがありませんでしたが、2015年には福島ゲームジャム(岡山)、高梁ゲームジャム(岡山)、VRゲームジャム(広島)と3回行われ、中国地方のゲーム制作熱が確実に増しています。

また私個人としては特に、ユニティの常名さん、面田さん(岡山Unity勉強会)、山根先生(岡山理科大)、尾倉さん(VRゲームジャム広島主催)に出会えたことが何よりの実りでした。

この方々の周りには連鎖反応的に面白い場、楽しい会が開かれ、私も(できる限り)協力しました。非常に学ぶことが多い一年でした。


私生活での大きな変化は、大学を卒業して社会人になった事です。大学では卒業研究による研究ゴッコをしていく中で開発職や研究職も良いな…と感じましたが、社会人の趣味としてやる道を選択しました。

最終的にこの道(他業種就職)で良かったか分かりません。未だにプログラマになりたいと思う日もあります、大学の同期と話すと自分が最先端と離れてると感じ危機感を感じることもあります。

ただ仕事は楽しく、人間関係も良好です。定時で帰れないことの方が珍しいですし、時間も空いています。隣の芝生が青く見えると言いますが、本当に身勝手で裕福な悩みだと感じてます。

いつかは仕事でR&DやOSSに関わりたいと思います。教育なんかもやりたいですね。


最後に今年やろうと思ってることを書こうと思います。

まずは「VR開発の拡充」です。Oculus製品版が遂に今年リリースされますし、VRは今は流行ってなくても、手を変え品を変えて必ず普及します。プライベートでそういったゲーム開発するのはもちろん、広島Unity勉強会でもイベントを開いていきます。

二つ目に「ゲーム技術の産学連携」をしていきたいです。子どもたちにプログラミングを教えたり、Unityをゲーム以外の事に活かしたり出来たら良いなーと。

三つ目に「資格取得」です。セキュリティスペシャリストを秋受けようと思います。そのほか仕事で必要な資格をドンドン取っていこうと思います。

(追加で読書週間も身に着けたいなぁ…)

というわけで、2016年もよろしくお願いしますね。
2016/01/01 (Fri) 雑談 CM(0)